シェラトン ドバイ クリーク【滞在記】

2019年8月

ドバイ国際空港から車で15分程のところに位置するシェラトン ドバイ クリーク ホテル&タワーズ(Sheraton Dubai Creek Hotel & Towers)に宿泊しましたので紹介します。

 

 

【公式HP】

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/dxbsi-sheraton-dubai-creek-hotel-and-towers/

 

今回はマリオットボンヴォイアンバサダー特典としてデラックスルームからクラブルームのクリークビューへアップグレード頂きました。

アップグレード頂きました、と言っても基本的に部屋の大きさは変わらず、クラブルームは高層階の部屋のようです。

エレベーターを見ると、1階から6階までがデラックス、7階から11階までがクラブフロアですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

避難経路図です。ホテルの建物は正方形を斜めに切ったような形をしていて、縦辺と横辺に当たる部屋がクリークに面し、斜辺にあたる部屋がシティービューだと思われます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

入るとまず、クローゼットと荷物置きがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてミニバー・冷蔵庫。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

廊下を挟んだ反対側にはバスルームがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティはノーブランドな感じです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

歯ブラシなどの用意はありませんが、電話でお願いするかアプリでリクエストすることもできます。

 

バスルームからはベッドルームが見えるデザインになっていますが、外の引き戸を閉めれば目隠しすることもできます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

第一印象は、清潔感と落ち着きがあって自分好みなデザインです。

 

テレビ台。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デスク。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ソファ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デザイン的にシックな書斎の雰囲気でまとめられていて、なんとも落ち着きます。

おもしろいのが、デスクとソファーがある部分の天井が低くなっていて、デスクに座るとそれが視覚的にも落ち着きをもたらしてくれます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

まるで小さな書斎にいる感じですね。感心するデザインです。

 

部屋にはほとんど出られないほどの狭いバルコニーがあり、オールドドバイのクリークが目の前に広がっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

遠くにはブルジュハリファなどの高層ビル群も見えます。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

特に夕暮れはクリークに沈む夕日が眺められ、素晴らしいビューが楽しめます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ドバイは毎日晴れるので、連日このような夕日が見られます。

 

部屋の紹介は以上で、エグゼクティブラウンジについてです。

ラウンジはレセプション横のロビー階にあり、入室基準はマリオットボンヴォイプラチナ会員以上またはラウンジアクセス付きプラン宿泊者。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

朝食は6時から11時、アフタヌーンティーが15時から17時、ハッピーアワーが18時半から20時半までです。

 

ちょうどチェックインした15時過ぎ、小腹が空いていたのでラウンジを覗いてみました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

スタッフに声を掛けると、立派なアフタヌーンティーを持って来てくれました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ラウンジは広さはありませんが、朝昼夜寄ってみても人は少なめで、混むことはありませんでした。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

夜のハッピーアワーはこのような感じ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

食事の選択肢、お味ともにイマイチ…。

 

朝食も選択肢が少なすぎます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

それもそのはず、ラウンジアクセスがある人はホテルのレストランでも朝食を頂けるので、そちらの方が断然人気。

2日目の朝食はこちらで頂きました。

クリークを望みながらの朝食。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

元々朝食は軽めの自分なのであまりピックアップしませんが、それでもこちらの方が全然良いですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

このような景色を見ながら朝食が取れるのは最高です。

 

そして地上階にはプールとレンタサイクルがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

貸し自転車は1時間25ディルハムまたは2時間で40ディルハム。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

クリークを自転車で周るのは、気温が許せば気持ちよさそうですね。残念ながら、訪問時は連日40度越え。湿度が低いので日本の夏より全然凌ぎやすいですがそれでもとんでもない熱風です。

 

そしてドバイモールとアルマムザービーチへの無料シャトルも運行されています。これは便利。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

以上、ホテルの紹介でした。

 

【料金】

1週間前予約の3泊で887AED(1泊およそ8,560円)でした。

 

【総評】

今回、ドバイのホテルはJWマリオットマーキスJWマリオットドバイそしてルメリディアンと泊まってきて4軒目ですが、いままでで一番お気に入りかもしれません。

ドバイが初めてで、ドバイらしく中東ゴージャスに浸りたいのであればマーキスがおススメですが、落ち着きやリラックス目的であればドバイクリーク周辺のオールドドバイの雰囲気が楽しめるこちらが良いと思います。

次回、ドバイ再訪の際はどこにするかまだ分かりませんが、暫定第一候補になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です