シェラトン深セン南山【滞在記】

2019年11月

深セン宝安国際空港から車で30分ほどのところに位置するシェラトン深圳南山(Sheraton Shenzhen Nanshan)に宿泊しましたので紹介します。

 

 

【公式HP】

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/szxsn-sheraton-shenzhen-nanshan

 

深センには「シェラトン深圳福田」そして「ウェスティン深圳南山」「フォーポイントバイシェラトン深圳」があり混同しそうですが、今回は今年の1月にオープンしたばかりのこちら「シェラトン深圳南山」にお世話になることになりました。タクシーで向かうのも、間違って違うホテルに連れていかれないよう注意が必要です。

そこで使えるのが公式アプリの「ホテル名と住所を現地語で表示」する機能です。これを使えば何も説明することなくホテルまでたどり着けます。

中国語のホテル名は「深圳博林天瑞喜来登酒店」…。南山なんてどこにも出てきませんね。

 

それはさておき、今回はマリオットボンヴォイ・アンバサダーエリート特典としてデラックスルームからパノラミックルームへアップグレード頂きました。

 

避難経路図です。パノラミックは角部屋のひとつだけで、反対側の角はコーナースイートのようですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

まず入ると小さなオブジェとチェアがあります。これは出掛ける際に腰かけて靴を履く、という時用なんでしょう。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

反対側にはガラス戸があり、ウォークインクローゼットがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

写真には写っていませんが全面窓なので明るく開放感があります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてバスルームです。最近では珍しくなくなってきたオープンタイプですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ただ、構造はかなり珍しいデザインになっています。シンクは両面鏡を境にふたつあり、その横にシャワーとバスタブがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

シャワーとバスタブは中で繋がっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

シャワー側もバスタブ側も引き戸を閉めてプライバシーを確保できますが、脱衣所部分は閉めることができないのでベッドルームから丸見えになります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

見えて良い場合と、見えて良くない場合、人次第でしょうか(笑)

 

トイレにはTOTOのウォッシュレット付き。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティは「le grandbain」です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

冷蔵庫そしてミニバー。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

コーナールームなので2面が窓になっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ソファーの大きさがハンパありませんが。

 

ベッドサイドには空調や照明のコントロールがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

両サイドにUSB電源があるのは高評価。

 

そして両サイドでサイドランプのデザインが違うなど、設計にはかなり力が入っています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク周りです。ソファーとイスを配置するなど、ここにもデザイン性が見られます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

テレビはベッド正面に無いため、引き出して使えるようになっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

部屋の紹介は以上で、23階にあるエグゼクティブラウンジについてです。詳細はこちら。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ラウンジ入室基準はマリオットボンヴォイ・プラチナ会員以上。無料の朝食は6時半から10時半、アフタヌーンティーが14時半から17時、ハッピーアワーが17時半から19時半、カクテルアワーが17時半から21時半などとなっています。

 

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

夜のハッピーアワーはこのような感じ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

味付けは中華風ではなく、ウエスタンスタイル。中国人宿泊者が多いホテルのラウンジは中華風で口に合わないことも多いですが、ここは外国人をターゲットにしているのか、全般的に美味しいです。

 

アフタヌーンティーの時間にも立ち寄りましたが、天井が高く採光が良いのでとても明るいラウンジです。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

ベランダもあり外へ出られますが、テーブルとソファが1組あるだけで、外での食事は限られます。

 

翌朝の朝食はこのラウンジでも頂けますが、折角なので一階のロビーレストランで頂きます。

写真では分かりませんがとても広さがあり、食事の選択肢もかなり豊富です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ヌードルバーやエッグステーションがありそれぞれ好みの通り作ってくれます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

最後にフィットネスセンターとプールです。ホテルに隣接する外部のジムに連絡通路を使ってアクセスするため、少し歩きます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

立派な設備ですね。もう中国はここらへんはかなり進んだ感があります。

 

【料金】

数日前予約の1泊で1,085元(およそ16,800円)でした。

 

【総評】

オープンしてまだ1年未満ということもありますが、綺麗でデザインも細かいところまで詰めてあり秀逸、ラグジュアリー感が感じられ、かなり気に入りました。

ロケーション的にはホテルの裏がハルビン工業大学深圳校のキャンパスが立ち並び、学生が多い地域。そのため中心部から離れ利便性は劣りますが、ホテル内で充分事足りてしまいますので気にはなりませんでした。

 

【こちらもチェック☟】

深センマリオットホテル南山のレビューはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です