ヒルトンホテル北京【宿泊記】

2018年10月

北京首都国際空港から車で30分程のところに位置するヒルトンホテル北京(Hilton Hotel Beijing)に宿泊しましたので紹介します。

 

なお、北京の交通渋滞は激しく、ラッシュ時に当たると普通に倍の時間が掛かることもありますので注意が必要です。また、北京には「ヒルトンホテル北京空港」と「ヒルトンホテル王府井」の計3つのヒルトンホテルがありますが、今回は「ヒルトンホテル北京」に滞在しました。間違って何キロも先の違うホテルへ連れて行かれないようここにも注意が必要です。

 

さて、今回はホテルに到着したのが16時頃でチェックインの際に「ヒルトンダイヤモンド会員ですね。いつもお泊り頂きありがとうございます」と一言あったのに、頂いたお部屋は本館のかなり古い部屋。

 

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

壁紙や木目など、90年代からリノベしていないのではと思う内装。バスルームやソファにはくたびれや汚れが目立ち、独特の古いにおいもします。

ダイヤモンド会員であれ、空室がなければ良い部屋へアップグレード頂けないのは分かりますが、ちょっと古すぎて息詰まる感じ。この部屋に1泊は避けたいところです。とりあえずエグゼクティブラウンジへ電話してみます。

いまチェックインしたばかりで部屋を使っていない旨、そして「可能であれば」他に良い部屋が空いていないかお願いベースで聞いてみます。すると「あ、ダイヤモンド会員様ですね。それでしたら新館のエグゼクティブタワーのお部屋が空いていますのでアップグレードさせて頂きます。」と即答…。

あまりに即答で拍子抜けしましたが、そそくさと新しい部屋へ移動します。

 

エグゼクティブタワー(新館)は中央が大きな吹き抜けとなっており、その中央部分の3階がエグゼクティブラウンジになっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

避難経路図です。今回は7階の731号室。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

まず入るとウォークインクローゼットがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてバスルーム。最初にアサインされた本館のそれとは雲泥の差です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティはヒルトンお馴染みのCrabtree & Evelynです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして奥にベッドルームです。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク周りです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてミニバー・冷蔵庫。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

エグゼクティブラウンジに関する詳細はこちら。ラウンジ入室基準はエグゼクティブタワー宿泊客およびヒルトンダイヤモンド会員です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

無料の朝食は6時から10時半(週末は11時)まで、イブニングカクテルアワーが18時から20時までです。

 

朝食に関しては、ダイヤモンド会員は本館2階のレストランMakan Kitchenで頂くこともできます。自分はこちらを利用しました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

フィットネスジムは本館4階にあり、フリーウェイトや有酸素系が広く取り揃えてありホテルのジムとしては本格的です。寒さの厳しい北京の冬に、これはありがたいですね。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

ホテルへ向かうタクシー運転手にはこちらを見せるといいでしょう。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

【料金】

数日前予約の1泊で1420元(およそ22,900円)でした。

 

【総評】

ここに限らずヒルトングループの中でのヒルトンは、マリオットグループの中のマリオットと同じ傾向で、「良いホテルは良いがハズレホテルは本当にハズレ」な傾向にあります。特にヒルトングループはマリオットに比べ、リノベのペースが遅く老朽化したホテルが多い印象があります。

今回の最初にアサインされた部屋のように、長いこと改装してないような部屋を見る頻度がマリオットよりもヒルトンに多い感じで、もう少しリノベのペースを上げて欲しいところです。

次回はヒルトン王府井を試してみたいと思います。

 

【北京の他のホテルと比較する】

JWマリオット北京のレビューはこちら

コンラッド北京のレビューはこちら

ヒルトン北京王府井のレビューはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です