ハイアットリージェンシー東京【宿泊記】

 

 

それでは9階にあるリージェンシークラブラウンジを見てみましょう。入室基準はワールドオブハイアット・グローバリストまたはラウンジアクセス付きプラン宿泊者です。

詳細はこちら。

ハイアット東京のクラブラウンジ詳細
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

入室はルームキーをかざして入ります。

ハイアット東京のクラブラウンジエントランス
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

今回は夜のカクテルタイムにお邪魔しました。

 

結構な広さがありテーブル数も多いですが、訪れた時間が遅かったためかほぼ満席状態…。ラウンジ内は驚くほど混みあっています。都民割が始まる前でガラガラを見込んでこの日を選んだのですが、見事に外れました。

テーブル席はほぼ埋まっているということで、最後の1テーブルか窓側のカウンターのご提案を頂きました。一瞬、テーブルを選択しようと思いましたが、ふと見るとカウンター席の眺めも捨てがたく、カウンターをチョイス。

席についておつまみとドリンクを取って戻ると、間髪入れずアペタイザーを持ってきてくれました。今回のメインはチキンか貝柱ということでチキンをお願いします。

ハイアットリージェンシー東京のラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてメインも待つことなく、すぐやってきました。

ハイアットリージェンシー東京のラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

メインといってもカクテルのお供であって、がっつり食事をすることを目的としているものではありません。とはいえ、量も質も素晴らしくお酒のお供には十分すぎるクオリティーです。

 

日が沈みゆく都心を眺めながらのお酒は格別です。

ハイアットリージェンシー東京のラウンジの食事
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

飲み物はソフトドリンクから各種アルコールまで幅広い取り揃え。

ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

居心地の良さに、ついつい長居してしまいました。これは素晴らしい。

ハイアットリージェンシー東京のラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

結構混みあってはいたものの、スタッフは常時7~8名いて、各ゲストへ気配りをしつつ皆さんテキパキと動かれている印象です。

 

翌朝の朝食もこちらでお世話になりました。

ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

和洋共に幅広く取り揃えてあります。

ハイアット東京のクラブラウンジ朝食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ここのラウンジが低層にあるのは「東京の緑を感じて欲しい」との想いの元。確かに都会でこの眺めはなかなかのものです。

ハイアット東京のクラブラウンジからの眺め
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

グローバリスト特典として午後4時までのレイトチェックアウトを頂きましたので、昼過ぎもコーヒーを飲みに伺いました。誰もいないので、コーヒーとクッキーを頂きながら贅沢に寛げます。

ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

おススメはこの角にあるテーブル席。少し奥まってるので個室感のあるなかで公園を眺めながらゆっくりできます。

ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

飲み物は飲み放題。

ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット東京のクラブラウンジ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ラウンジとレイトチェックアウトのお陰で素晴らしいステイが出来ました。

 

 

【総評】

部屋やパブリックスペースはやや古さを感じるところがありますが、掃除もサービスも行き届いていてとても快適に過ごすことができました。料金も12,000円程度で出ていることが多く、コスパ的にも良いでしょう。ただ、ラウンジアクセスが付くとコスパだけでなく全体的な満足感激増のホテルに格段に上がります

宿泊前は「ちょっと古いホテルだからなぁ」とあまり期待していませんでしたが、ステイ後はかなり好印象に変わりました。ホテルの売却話も出ているようなので、他社へ売却されたりリブランディングされることになれば、値段が上がることは避けられないでしょうね。それまでに一度は泊まられること、おススメします。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です