ル・メリディアン ソウル【滞在記】

2019年10月

ソウル仁川国際空港から車で45分ほどのところに位置するル・メリディアン ソウル(Le Meridien Seoul)に宿泊しましたので紹介します。

 

 

さて、今回はソウル常宿のJWマリオット東大門が満室ということで、会社指示でコートヤードを指定されましたが、同僚が「なんでダウングレードやねん」と反旗を翻し、幾多の攻防を繰り広げたのち予算で収まるこちらで決着となりました。

自分としてはもう「レビューさえできればどこでもオッケー」スタンスなので、同僚の加勢をすることもなく成り行きを見守るだけでした(笑)

 

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ということで、今回はマリオットボンヴォイ・アンバサダーエリート特典としてジュニアスイートへアップグレード頂きました。

 

それでは早速部屋です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

まず入るとトイレがあります。温水便座も付いていますがTOTO製ではありません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

反対側にはクローゼットがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

短い廊下の先にはリビングルームが見えます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

全面鏡は狭い廊下を広く見せる効果がありますね。

 

コーヒーメーカー。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ミニバーも充実しています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

冷蔵庫は引き出し式。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

荷物置きスペースも広さが確保されていて、荷物が多くても困らなさそうです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてバスルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティはルメリディアンおなじみの「MALIN+GOETZ」です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてリビングルーム。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク詳細。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デスク脇には日本型コンセントやUSB、さらにHDMIと色々取り揃えてあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてソファー周り。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

テーブルの上にはアンバサダー会員へのウエルカムギフトが置いてあります。ボトル1本もすごいですが、チーズプレートまで。そしてこのチーズが美味しいこと。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ペロリと平らげてしまいました。

 

そしてドアを隔てて奥にあるベッドルームです。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

こちらにもデスク、そして電源・USB・HDMIが配置されています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

到着したのが夜遅かったため、すでにターンダウンがされています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッドサイドにはミネラルウォーターとチョコレート。中にはチョコが2つありましたが、これも美味しかったです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして両ベッドサイドにも電源とUSBがあります。これでもか、というほど電源が用意されていて、充電には困らなさそうです(笑)

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

翌朝、カーテンを開けて気付きましたが窓は出窓になっていて、クッションで腰掛けられるようになっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

さて、部屋の紹介は以上で14階にあるエグゼクティブラウンジについてです。

詳細はこちら。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ラウンジ入室基準はマリオットボンヴォイ・プラチナ会員以上。曜日によって時間が変わりますが、朝食やアフタヌーンティー、ハッピーアワーなど一日を通してサービスがあります。

 

広さはそこまでありませんが、天井が高くそこまで窮屈には感じません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ハッピーアワーの時間に同僚と利用しましたが、食事の選択肢そして質ともに申し分ありません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして朝食はこのような感じ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

卵はメニューからオーダーすることもできます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

最後にプールとフィットネスジムを。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

【地図】

 

【料金】

数日前予約の2泊で798,600ウォン(1泊およそ36,400円)でした。

 

【総評】

ソウルの常宿はJWマリオット東大門のため、ほぼ他のソウル市内のマリオットを試す機会がありませんでしたが、良い意味でサプライズでした。ルメリディアンはランク的には下になりますが、非常にハードでもソフトでもレベルが高く快適に過ごすことができました。

スタッフに聞いたところ、以前はリッツカールトンとして営業していたとのこと。どおりでルメリディアンとは部屋の雰囲気が違うなと思っていました。

正直、常宿をJWからこちらに移しても良いかな、そう思えるほど良い一軒でした。

 

【こちらもチェック☟】

JWマリオット東大門のレビューはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です