台北マリオット【宿泊記】

2017年10月

台北松山空港から車で15分程の場所に立地する台北マリオットホテル(Taipei Marriott Hotel)に滞在しましたので紹介します。

なお、台北桃園国際空港からは40分程の距離にあるので注意が必要です。

【ホテルHP】

http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/tpetm-taipei-marriott-hotel/

【部屋タイプ】

クラッシックルーム Classic Room 40㎡

デラックスルーム Deluxe Room 40㎡

ホーミールーム Homey Room 51㎡

 

マリオットにしては部屋タイプが3つのみというシンプルな構成。

 

滞在したクラッシックルームは、よく言えばシンプルでヨーロピアンモダンといった感じ。白を基調として余計な装飾がありません。ただ、部屋にアートが全くないため、どことなくドライで無機質な感じは否めません。部屋に一日缶詰めになって仕事をするとなるとちょっと辛いかな。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

台湾風な画がひとつあるだけで、ぐっと雰囲気も変わりそうですが…。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

予約時のメールおよびデスクの上には「火災訓練のため予告なく避難放送が流れることがあります」というお知らせがありましたが、私の滞在中には行われませんでした。

動画はこちら。

 

エグゼクティブラウンジでは夕方にカクテル・オードブルアワーがあり、小鉢系をメインに温かい軽食そしてアルコールの無料サービスがあります。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

写真左側にダイニングエリアがあり、朝食時および夕食時の軽食・アルコールサービスが行われます。

 

【料金】

クリックで拡大表示

前日予約で1泊8258.25TWD(およそ31,000円)でした。

 

【総評】

チェックイン時に予約上の行き違いがありちょっとしたトラブルがありましたが、スタッフには状況をすぐ理解頂き、臨機応変な対応を頂きました。なかなかマニュアル通りの対応しかできないホテルが多い中で、さすがマリオットと感心する一幕でした。ただ、1泊3万超の値段と部屋の感じを考えると個人的にはなかなか気軽に泊まれる金額ではありませんね…。もう少しお手頃な価格になると嬉しい限りです。

【2018年7月追記】

台北マリオット【滞在記】その2(スイート滞在)はこちら




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です