ハイアットリージェンシー深圳【宿泊記】

2021年7月

深圳宝安国際空港から車で3分程の所に位置するハイアットリージェンシー深センエアポート(Hyatt Regency Shenzhen Airport)に宿泊しましたので紹介します。

 

さて、まず始めに今回この記事でなんと100軒目のホテル紹介となりました。今まで同じホテルでもルームタイプによっては2記事書いたりもしましたが、そういった重複を除いた純粋にホテルの紹介軒数だけで100ホテル。これからあと何軒紹介できるか分かりませんが引き続き頑張っていきたいと思います。

 

ということで今回記念すべき100軒目として紹介するのは深圳空港から車で3分ほどのところにあるハイアット深センエアポート。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

車で、とは言ったものの、歩いても5分程度。ターミナルとは連絡通路で繋がっているので空港直結で超便利です。部屋の窓からはご覧の通りターミナルが見えます。

 

それでは早速部屋です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

部屋に入るとまずは荷物置きスペースがあります。大きなスーツケースでも十分収まるサイズ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

その隣にはクローゼット。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

スリッパは肌触りの良いものでなかなか良。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

廊下を挟んでトイレとバスルームが並びます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット深セントイレ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット深セントイレ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

バスとトイレが分かれているのは珍しいですね。水回りは一か所でまとめるのが一般的ですが、この配置だと一人で両方が占有されないので何気に便利です。

ハイアット深センバスルーム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

明るいなかにも豪華さが感じられるバスルームです。

ハイアット深センバスルーム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

歯ブラシなどのアメニティはノーブランド。

ハイアット深センアメニティ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

しかし、シャンプーなどのバスアメニティはアメリカのスキンケアブランド、ファーマコピアです。

pharmacopia
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてバスタブ。引き戸越しにはベッドルームが見えます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルーム。

ハイアット深セン部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ミニバー・冷蔵庫。

ハイアット深セン部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
ハイアット深センベッド
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

窓際には大きめのソファがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてテーブルと併せて使えるようになっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

両ベッドサイドにはUSB電源も付いていて、充電に便利です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

以上、ホテルの紹介でした。

 

【総評】

空港にほぼ併設されたといっていいこちらのハイアット。空港からのアクセスはもちろんですが、部屋の広さそして豪華さも感じられる素晴らしい一軒です。乗り継ぎや深夜早朝の前後泊にはかなりおススメです。

 

【SNSでシェア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です