コルディス北京キャピタルエアポート【宿泊記】

2021年6月

北京首都国際空港第3ターミナルから車で3分程の所に位置するコルディス北京首都空港(Cordis Beijing Capital Airport)に宿泊しましたので紹介します。

 

さて、今回は急遽空港近くに1泊することになり、香港のホテルグループ「ランガム」が展開するブランド、コルディスを試してみることにしました。ちなみに新しく開港した大興国際空港ではなく、北京首都国際空港の方ですのでご注意下さい。

 

まずはロビーです。

天井が2階部分まで吹き抜けになっていてとても明るく開放感があります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

手前に大きなソファーがあるので分かりづらいですが、チェックインスタッフの小ささでかなりの広さがあるのが分かると思います。

 

それでは早速部屋です。ホテルは3階から6階までの4フロアーしかない低層ホテルですが、ワンフロアに80室もある結構巨大なホテルですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

廊下入ってまずはバスルーム。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティはイタリアのホテルアメニティの卸「ラ・ボッテガ」です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

北京ではプラゴミ削減のため、歯ブラシなどを事前に客室に用意することを禁止する条例が2020年5月から施行されています。そのため、必要なアイテムは電話してリクエストする必要があります。下はその案内。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ところが引き出しを引くと、全部入ってます(笑)

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

しかもかなり立派な取り揃え(笑)

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

「わざわざ持ってくの面倒、入れときゃー」という客室係の怠慢、いや…親切な配慮に間違いありません。

 

反対側にはバスタブ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ミニバー。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

クローゼット。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

スリッパは黒にホテルのロゴが入ったお洒落なもの。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク周り。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

窓の外には西湖という小さな公園が見えます。この右側にはすぐ滑走路があるのですが、防音はしっかりしているようで飛行機の音は全く聞こえません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

天井が高いためテレビが小さく見えますが、部屋はかなりの広さがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

テレビ下の冷蔵庫は空っぽですが、自分の飲み物などを冷やせるのでこちらの方が便利ですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッド周りとソファ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

以上、部屋の紹介でした。

 

次に2階のフィットネスジムとプールを。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

最後に紹介するにはもったいないほど、施設も装備も驚くほどのキレイさ。

 

プールもこの通り。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

更衣室も豪華。なのに利用者はゼロという…。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

サウナもキレイでお洒落です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

首都近くのホテルというと日本で言えば成田のようなもの。成田空港近くのホテルにこんな装備の充実したホテルなんてありませんね。

 

【総評】

空港のすぐそばで、乗り継ぎや早朝便の前泊などに便利です。部屋も綺麗ですが、ジムやプールなどの付帯施設の充実ぶりは特に目を見張るものがあります。ビジネスにしろプライベートにしろ、フライトの時間次第ではこちらに泊まり少し贅沢な時間を過ごすというのもアリだと思います。ホテルからターミナルへは無料巡回バスが20分毎に出てるのでそこも評価高いポイントです。

 

【SNSでシェア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です