JWマリオットホテル成都【宿泊記】

2019年5月

成都国際空港から車で30分程のところに位置するJWマリオットホテル成都(JW Marriott Hotel Chengdu)に宿泊しましたので紹介します。

 

 

【公式HP】

https://www.marriott.com/hotels/travel/ctumj-jw-marriott-hotel-chengdu/

 

【部屋タイプ】

デラックス Deluxe 42㎡

グランドデラックス Grand Deluxe 42㎡

プレミアスタジオ Premier Studio 62㎡

スイート Suite 82㎡

 

今回はマリオットボンヴォイアンバサダー会員特典としてスイートへアップグレード頂きました。面白いことに部屋タイプが4種類しかないのですね。プレジデンシャルスイートなどがないのもめずらしいです。

 

それでは避難経路図です。建物の四隅がスイートのようです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

入るとまずはリビングスペースがあります。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

冷蔵庫・ミニバー周り。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

テーブルの上にはウエルカムギフトとしてフルーツがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

リビング側にあるクローゼットです。記事書いている今気付きましたがこちらにはハンガーがありません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてゲスト用レストルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

その奥にメインクローゼットがあります。こちらにはハンガー・スリッパがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

さらに奥に進むとバスルームとベッドルームがあります。窓の向こうは建設中のビルですが念のためスクリーンは下げておいた方がいいでしょう。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

バスアメニティはJWおなじみのアロマセラピーアソシエイツです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

バスタブとは別にシャワーがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ベッドの上にはカードとタオルアートが拵えてありますが、パンダなのかウシなのかよく解りません(笑)

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ベッドルーム全景。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして28階にあるエグゼクティブラウンジについてです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ラウンジ入室基準はマリオットボンヴォイ・プラチナ会員以上。

無料の朝食は6時から10時半、アフタヌーンティーが15時から17時、ハッピーアワーが17時半から21時半、オードブルアワーが17時半から19時半です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

朝食はこのような感じです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ヌードル・エッグバーでは麺類・卵料理をオーダーできます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてアフタヌーンティーの時間にも訪れてみました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

最後にジムを。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

【料金】

数日前予約の1泊で1,164元(およそ18,300円)でした。

 

【総評】

中国の地方都市はホテルレベルの高さに比して料金がかなり安いというのが素晴らしいところです。

フォーポイントなんかは300元台、シェラトンでも450元。日本円にすれば6,000円から7,000円。マリオット系列の値段とは思えません。コスパという面では文句なしです。

 

さて、ここからは好みの問題になりますが、部屋の内装はいわゆるJW系の落ち着いた感じではなく薄黄色な微妙な壁やカーテンの色チョイスで個人的には好きになれませんでした。プロパティとしてはまだ2年半で新しい部類に入りますがどうも、明るく綺麗でもなければ暗く落ち着きがある訳でもない…本当に微妙なデザインです。いわゆるプロのデザイナーではなく「大手ゼネコンの〇〇建設に丸投げしました」タイプなのでしょうか。

インテリアは個人の好みの問題ですが、コスパは素晴らしい、そんなプロパティです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です