JWマリオット上海トゥモロースクエア【宿泊記】

2017年12月

上海の常宿でありながら、一度も写真・動画を撮っていないことに気付き、今頃の投稿です。

上海虹橋国際空港から車で40分程のところに位置するJWマリオットアットトゥモロースクエア(明天広場) (JW Marriott at Tomorrow Square)に宿泊しましたので紹介します。

【ホテルHP】

http://www.marriott.co.jp/hotels/travel/shajw-jw-marriott-hotel-shanghai-at-tomorrow-square/

 

【部屋タイプ】

デラックスルーム Deluxe Room 38㎡

プレミアルーム Premier Room 38㎡

コーナールーム Corner Room 42㎡

スタジオスイート Studio Suite 50㎡

エグゼクティブスイート Executive Suite 66㎡

チェアマンスタジオ Chairman Studio 75㎡

 

マリオットプラチナ会員特典としてデラックスルームからコーナールームにアップグレード頂きました。部屋は狭いですが2面が窓に囲まれ、上海の街並みが高層階から広く望める部屋です。

避難経路図によるとエレベーターを降りてすぐの09号室と10号室が広い部屋のようですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

部屋に入ると、すでにターンダウンサービスが行われていました。

JWのスリッパは履き心地がよく、ホテルステイ後も使えそうなしっかりとしたクオリティが特徴です。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

バスルームです。左からシャワールーム、バスタブ、シンクそして右側にトイレがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

アメニティはJWお決まりのAromatherapy Associatesです。特にシャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュの香りはその独特のアロマがお気に入りです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

部屋はやや手狭な感じは否めません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ベッドサイドには季節柄、クリスマスクッキーが置いてあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスクの引き出しにはレターセットが入っています。最近は手紙を書く人が減ったというのもあるのでしょうが、レターセット自体見ることが少なくなってきました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ミニバー、冷蔵庫です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

翌朝のベッドからの眺めです。窓外側の汚れが気になりますが、超高層ビルのため毎週のように清掃という訳にもいかないでしょう。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

2面を窓に囲まれているため、まるで空中に浮いているかのように上海の街並みが見えます。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

朝食はエグゼクティブラウンジで取ることもできますが、38階のマリオットカフェのビュッフェで取るほうがお得です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

シェフは常時3人ほど居てヌードルバーやエッグバーでそれぞれを好みに合わせて作ってくれます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

お会計は-

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

一人262.20元(およそ4,500円)。朝食としては結構な額ですね。プラチナメンバーだから無料ですが自腹となると大変です。にもかかわらずいつも多くの人でにぎわっているのは、中国の経済成長を実感する所です。

 

【料金】

数日前の予約で1泊1399.2元(およそ24,000円)でした。

 

【総評】

ご多分に洩れずJW。ハズレることはありません。6階にあるフィットネスクラブも利用しましたが、ヘビーウェイトから有酸素系まで幅広くしっかりと取り揃えてあり、ホテルの領域を超えています。部屋・ラウンジ・レストラン、そしてスタッフ。どれをとっても素晴らしいですね。

自分は毎回仕事での利用ですが、プライベートでも、そしてここに宿泊することが目的でも利用したい一軒ですね。上海も素晴らしい街です。

 

【2018年8月追記】

JWマリオット上海トゥモロースクエア【エグゼクティブスイート】滞在記を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です