レム秋葉原【デイユース利用記】

2021年11月

JR秋葉原駅中央南口から徒歩1分以下のところに位置するレム秋葉原(Remm Akihabara)をデイユース利用しましたので紹介します。

 

さて、今回は秋葉原近辺で日中仕事ができる場所を探していました。コロナの影響でリモートという分野が開拓され、デイユースが出来るホテルが増えたのはありがたいことです。

秋葉原駅周辺ではJR東日本のメッツとこちらが人気のようで、どちらか迷いましたが今回はこちらを選択。

 

【アクセス】

まずはアクセスです。最寄りの出口はJR秋葉原駅中央口(南口)。

レム秋葉原場所

 

出口を出て直進、10秒ほどでしょうか。右側にスタバがあり、そのすぐ横に入口があります。商業ビルの雨避け部分ですので、小雨程度であれば濡れることもなさそうです。

レム秋葉原道順
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
レム秋葉原アクセス
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
レム秋葉原行き方
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

さて、エレベーターに乗って6階のレセプションでチェックインです。

今回、レムへの宿泊は初めてですが、こうやってレセプションで飲み物のティーバッグが頂けるんですね。これは便利。

レムの無料ドリンク
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

今回の部屋はエレベーターから最も遠い部屋。ん?もしかして広いスイートにアップグレードとか?と勝手な期待をしてしまいます(笑)

レム秋葉原の廊下
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

反対の部屋は広いツインのお部屋のようですが、こちらは違いました(笑)

レム秋葉原の部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デイユースなのでさすがにアップグレードはないでしょうね。

 

まず入ると狭いながらクローゼットがあります。

レム秋葉原の客室
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デイユースなので基本ジャケット1枚程度で済みますが、宿泊でも十分な広さです。

レム秋葉原の部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

横には姿鏡もありお出かけ前の身だしなみチェックもばっちりです。

レム秋葉原室内
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスルームはコンパクトに纏められています。トイレはウォッシュレット付き。

レム秋葉原のトイレ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
レム秋葉原のバス
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

アメニティは歯ブラシや髭剃りに綿棒など嬉しい取り揃え。

レム秋葉原のアメニティ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ドライヤーも完備。

レム秋葉原のシャワー
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

シャワーはシャワーヘッドのみならずレインシャワーまで完備。一般的なビジホより一つ上のランクという感じがします。

レム秋葉原の風呂
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティはレムオリジナル。ボトル補充式で環境にもやさしいですね。

レム秋葉原のバス
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして肝心のお部屋はこちら。

レム秋葉原の部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

撮影のためにカーテンを閉めましたが、再び開けるとこの通り。

レム秋葉原の客室
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

部屋の広さは14.3㎡。普通であれば狭さを感じてもおかしくない平米数ですが、バスルームとの仕切りがガラス張りなので数字以上に広く感じます。

レム秋葉原のベッド
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

レム秋葉原の部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

無料のミネラルウォーターに電気ポット。先ほどの受付で頂けるお茶も作れますね。

レム秋葉原の室内
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ミニ冷蔵庫もあるので持ち込みの飲み物を冷やしておくこともできます。

レム秋葉原のベッドルーム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デスク周り。必要なものが機能的にまとめられています。

レム秋葉原の机
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

今回はデイユースなので利用しませんが、宿泊の場合の朝食の案内です。1,760円の朝食が宿泊者であれば1,400円で頂けるのですね。

レム秋葉原の朝食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

机の上には充電器の準備もあります。タイプCやマイクロはもちろんFOMA3GにCDMAと懐かしい端子まで。なかなかニッチな需要にも応えてくれるのは凄いですね。

レム秋葉原の備品
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

机の引き出しにはセイフティーボックス。

レム秋葉原の部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてマッサージ機能付きのソファに空気清浄機。

レム秋葉原の室内
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

今回はソファにはお世話にならず、ベッドを利用しました。本当は15分ほど休憩するつもりでしたが、あまりにもベッドが心地よく1時間弱も寝てしまいました。調べてみたら、レムはベッドや睡眠に特に力を入れてるようでー

「1,800個以上のポケットコイルがあるオリジナルベッド【シルキーレム】が体圧を分散し、より深く心地よい眠りに誘います」

とあります。どおりで深く心地よい眠りに誘われたわけです。テレワークには向いてません(笑)

 

そして最後に部屋からの眺めをー

見てください、この眺望。

レム秋葉原からの眺め
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

窓枠がなんだか都会を模した絵画のようです。

線路の向こう側には、もう一つの候補だったJR東日本のメッツが見えます。やはりこちらの方が高いので眺望という意味ではこちらが良いですね。

レム秋葉原からの眺望
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

仕事に少し疲れたら、この眺望を見て一息つけそうです。

 

以上、レム秋葉原の紹介でした。

 

ちなみにエレベーター前には自販機があり、飲み物と氷を調達することが出来ます。ホテル前にもコンビニがありますが、価格が良心的なのでここで調達するのもアリだと思います。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

【料金】

6時間デイユースプランで4,000円(税込)でした。

 

【総評】

さて、都心で少し静かな環境で仕事がしたい、テレワークに集中できる環境が必要、という場面多々あると思います。大抵はスタバなどでコーヒーを買って数時間潰すというのが一般的でしょう。しかしイスに座って数時間というのは意外に疲れるんですよね。周りの音や人通りも気になりますし。

ここなら当然人は気になりませんし「ベッドに寝そべりながら」や「シャワー浴びてリフレッシュ」など「椅子の上でひたすらパソコンという苦行」をしなくて済みます。時間に直すと1時間当たり660円程度でこれだけ快適な環境になるのですから、1時間にコーヒー1杯するならむしろこちらの方がかなりおススメです。



【SNSでシェア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です