シンガポール航空A350ビジネスクラス搭乗記

2021年10月

ドバイ発シンガポール行きSQ495便にてA350型機ビジネスクラスに搭乗しましたので紹介します。

 

シンガポール航空(SQ)のA350-900型機の機内配列は「超長距離」「長距離」「中距離」の3種類に分かれており、今回は「中距離」の機材になりました。この区間の飛行時間は7時間強なので中距離というのは微妙ですが、機材繰りやコスト管理なのでしょうか。

ということで中距離機材のシートマップはこちら。1-2-1配列で窓側は通路寄り・窓寄りが交互に入るスタッガートタイプです。

公式HPより引用

事前の座席指定では7割ぐらい埋まっていましたが、実際には3割ぐらいの搭乗率でした。

 

さて、それでは早速機内です。

窓側の通路寄り座席はこの通り。

シンガポール航空ビジネスクラス座席
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そして窓寄り座席。

シンガポール航空ビジネスクラスシート
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

中央の座席は内内、外々配置です。ただ内内配置の座席も隣とは目隠し、そしてディバイダーがあるので、真横同士で座ってもプライバシー感は高めです。

シンガポール航空ビジネスクラス機内
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてこのディバイダーは離着陸時以外は上げることができるので、隣が同行者でなければ上げ、同行者であれば下げたままなど、プライバシーを柔軟に調整できるのがいいですね。

シンガポール航空ビジネスクラス機内
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

テーブルは個人用モニターの下から引き出すスタイル。

引き出して開くと大きなテーブルになります。

シンガポール航空ビジネスクラスシート
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

サイドテーブルの後ろには引き戸付きの物入れがあります。中にはアメニティとUSB電源、ユニバーサルコンセントがあります。左端のシルバーのタブは引き出すと鏡になっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

アニメティはケアキット、ミネラルウォーターそしてノイズキャンセリングヘッドホンがセットされています。

シンガポール航空ビジネスクラス座席
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ケアキットの中身はマスク、サニタイザーそして除菌ティッシュです。

シンガポール航空ビジネスクラスサービス
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ヘッドホンには使い捨てカバーが付いていて、耳の部分に被せて使います。コロナ対策として細かい配慮が感じられます。

席に着くと、客室主任からご挨拶があり、食事の確認があります。紙ベースのメニューは中止しているので、事前にアプリでメニューを確認しておく必要があります。今回は事前に指定しておきました。

シンガポール航空ビジネスクラス機内食メニュー
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ビーフかチキンかシーフードの選択ですが、説明文を見ただけでチキン推しが激しいのが分かります(笑)

ただ、これはもうシンガポールの代表料理「海南鷄飯(ハイナンチキンライス)」を選ばない選択はないでしょう。

 

離陸して水平飛行に移ると、早速夕食のサービスが始まります。

まずは事前にお願いしていた緑茶が来ます。エミレーツなんかは「緑茶」をお願いしても、美味しくない茶色いお茶(失礼)が出てきますが、こちらはしっかりと淹れた緑茶。飲んだだけで、美味しさの違いが分かります。

そしてシンガポール名物のサテ。

シンガポール航空ビジネスクラス機内食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

実は機内でサテを食すのは今回で2回目。1回目はマレーシア航空のビジネスクラスでしたが、その時の印象は「まあまあ」。でもこちらは口に入れた途端、あぁ美味しいなと感じ、自分の中のサテの株が上がります。

 

続いて前菜のスモークサーモンとカリフラワーのサラダ。

シンガポール航空ビジネスクラスミール
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

パンは幾つかある中からガーリックトーストをチョイス。赤ワインもお願いします。トーストはカリカリで美味。おかわりをお願いしたいところですが、太るので止めます。

シンガポール航空ビジネスクラス機内食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしていよいよメインの登場です。ハイナンチキンの美味しい香りが漂います。

シンガポール航空ビジネスクラス食事
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

見て下さい、このチキン。

シンガポール航空ビジネスクラス機内食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

見た目の美しさもさることながら、身はとても柔らかくてジューシー。付け合わせのライスもチキンの味が染み込み、味も香りも口の中で一杯に広がります。さすが、シグネチャーディッシュとお薦めしてくるだけの一品。シンガポール航空の自信がうかがえます。これは文句なく旨い!

 

食後のデザートはカートに載せて「どちらにしますか」と見せてくれる本来のビジネスクラススタイル。コロナ対策でそういったサービスを廃止する会社が多いなか、感染対策はきちんと行い、かつサービスを元に戻す、そういった努力が伺えて好感が持てます。

そう、もう遠い昔のような気がしますが、前はこれが普通だったんですね。

ということでレモンバターケーキを選択。

シンガポール航空ビジネスクラスミール
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ほのかに広がるレモンの味としっとりとしたケーキの食感がこれまた絶妙。チョコレートケーキのように重くないのもポイントですね。美味しいメインを美味しいデザートで締める。SQのレベルの高さを実感します。

いやー、本当にレベルが高い。

 

食後は座席をフルフラットにして就寝とします。枕やブランケットもフルサイズの物でしっかりしています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ちなみに機内ではWiFiが使えます。ビジネスクラス利用客は100MBまで無料になっています。

速度は1.6Mbpsと、機内WiFiとしては悪くないスピードです。

 

さて、5時間ほど寝たでしょうか。目が覚めると、もうマレー半島まで到達しています。機内も次第に明るくなり、着陸の準備を始めます。

 

機体はゆっくりと高度を下げ、マラッカ海峡を行き交う船そしてシンガポールが見えてきました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

と、着陸の寸前、空港敷地内に飛べずに留め置かれた飛行機の一団が見えます。そうですね、これが現実の一面でもあります…。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そして飛行機は無事、チャンギ国際空港へ到着しました。

 

【総評】

いやー、SQは本当にレベルが高いですね(再)。本当に参りました。世の中には「ブログやランキングで持てはやされる」けども実際は過大評価じゃない?と思うようなエアラインもありますが、SQは文句なく評価が高く、かつ実際のサービスレベルも高い素晴らしい航空会社だと思います。

コロナで大打撃を受けた航空業界ですが、特に国内線を持たないSQなどはことさら苦境に喘いでる状況だと思います。そんなことを微塵も感じさせない素晴らしいクルーそしてサービスでしたので、どうにか生き残ってこれを抜けた先、多くの乗客にこの素晴らしいサービスを提供して欲しいですね。その日が近い事を祈っています。

 

【SNSでシェア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です