上海マリオットホテル虹橋【宿泊記】

2021年8月

上海虹橋国際空港から車で10分程の所に位置する上海マリオットホテル虹橋(Shanghai Marriott Hotel Hongqiao)に宿泊しましたので紹介します.

 

 

今回は夜中の1時にチェックインし、そのまま朝6時にチェックアウトするという超強行軍での宿泊です。そのため空港から10分、そして空港まで10分のこちら一択。とにかく寝る時間確保優先です。

 

それでは早速ホテルです。エントランスは2階部分まで吹き抜けのカーブサイド。上には2013年まで使われていた初代ロゴが古いホテルを象徴…、いや、レトロ感を漂わせています。

マリオット虹橋エントランス
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ロビーに入ると、これまたアメリカ本土の「古くからあるマリオット」そのもの。5年ほど前まではアメリカ本土を頻繁に移動していましたが、こういうマリオットが多くちょっとその当時を思い出してしまいました。

マリオット 虹橋 ロビー
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

これはマリオットが中国進出を果たした頃、アメリカの本家マリオットをそのまま持ってきた名残だと思われます。

 

それでは部屋です。今回はアップグレード無しのスタンダードの部屋となりました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

まず入ると、クローゼットがあります。

マリオット虹橋部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

全面鏡の引き戸をスライドするタイプで、完全に閉めることはできません。右半分は長い丈モノのハンガースペースとアイロン台。

マリオット虹橋客室
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

左半分は短い丈モノのハンガーとセイフティーボックスなどです。

マリオット上海虹橋の部屋
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてその横に続いてミニバー・冷蔵庫があります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ネスプレッソも完備。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

冷蔵庫。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そこからさらに荷物置きへと繋がっています。

マリオット上海虹橋の客室
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ここまで見て分かる通り、客室は完全にリノベされてますね。古いマリオットの客室ではありません。

 

入口側に戻り、今度は反対側にあるバスルームを見てみましょう。

マリオット虹橋のバスルーム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

トイレは普通のものでウォッシュレットではありません。

マリオット虹橋のトイレ
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

と思ったら、付いていました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

とは言え、米コーラー社製なので正確にはお尻洗い機ですね。最近は日本人が宿泊しないような地域でも着実にこのウォッシュレット系のトイレを装備したホテルが増えています。

 

歯ブラシなどのアメニティは一通り揃っています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

シャワールーム。バスタブはありません。

マリオット虹橋のバスルーム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ちなみに客室側からもバスルームを見ることができます。もちろん引き戸を閉めてプライバシーを確保できるようなっています。なぜか外側からですが。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティはマリオットおなじみのTHANNです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルーム。

マリオット虹橋のベッドルーム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク周り。このイスの座り心地が何気に素晴らしい。どこのメーカーか調べましたが特にメーカーを示すものは無し。マリオットが大量発注してる汎用品かもしれません。普通に家に1台欲しい…。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ソファー周りとアート。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ベッドサイドにはUSB電源があり、充電に便利ですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

最後にベッドルームからバスルームを。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

部屋の紹介は以上です。

 

次は3階にあるフィットネスジムについてです。営業時間は朝の9時から夜の9時までですが、立ち寄ったらたまたま開いていたので写真だけ撮らせてもらいました。

マリオット虹橋のジム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
マリオット虹橋のフィットネスジム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

中級者でもそれなりの筋トレが出来るしっかりとした設備です。

マリオット虹橋のジム
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

やはり本家マリオットのフルスペック型という感じです。

 

さて、翌朝の朝食は、6時開始。ホテルを出るのが6時10分ですから、朝食には10分も掛けられません。

朝食会場は一階のロビー隣にあるレストラン。

再度ですが、もうアメリカのマリオットそのまま。欧米人がいれば「ここはアメリカか」って雰囲気です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

5時55分にチェックアウトを済ませ、会場に来るとスタッフが配膳している最中。

マリオット虹橋の朝食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
マリオット上海虹橋の朝食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

洋中幅広く揃えてあり、作り立ての美味しいにおいが漂います。スタッフも盛り付けなど丁寧にしています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

結構適当な人が多い中国のなか、しっかりした印象を受けます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

こんな早さなのでがっつりとはいけませんが、取り敢えずこんな感じで。

マリオット虹橋の朝食
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

肝心のお味ですが、なんとも美味しい。ニラが入った肉まんとカスタードが入ったまん。口に入れた瞬間「あ、うまい!」となりました。チョコレートクロワッサンとシナモンが利いたペーストリーも出来たてもあってか、サクサク。これは素晴らしい。

とは言いつつもあまり堪能している時間も無く、手早く頂き、駆け足でホテルを後にしました。

 

【総評】

外観やロビーなどの箱物は古さを感じさせますが、客室は近代的にリノベされておりとても快適に過ごすことができました。朝食も種類豊富な上に質も高く、急いで空港へ向かうのはもったいないほどのレベルでした。朝食の質にうるさい香港人の同僚も「ここはレベル高い」とご満足の様子。

移動に時間を掛けられないビジネスマンも、空港の近くに一泊して乗り継ぎたい方にもここは隠れた良宿でおススメです。

 

【SNSでシェア】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です