JWマリオット鄭州【宿泊記】

2020年10月

鄭州新鄭国際空港から車で45分程のところに位置するJWマリオットホテル鄭州(JW Marriott Hotel Zhengzhou)に宿泊しましたので紹介します。

 

 

さて、今回は河南省の省都、鄭州(ていしゅう)にやって来ました。中国八大古都のひとつですね。今回も1泊して半日で仕事を終わらせる超過密スケジュールです。

 

まずは外観から。ホテルは都市のランドマークにもなっており、その独特な形から市内のどこからでも見える高い建物です。蓮の花が開きかけているようなデザインでしょうか。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

【公式HP】

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/cgojw-jw-marriott-hotel-zhengzhou

 

まずはエレベーターで38階にあるレセプションへ上がります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

今回はマリオットボンヴォイ・アンバサダーエリート特典としてスイートへアップグレード頂きました。

 

それでは早速部屋です。今回は51階の5133号室。この階はスイートが7部屋もあるようです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

まず入ると短い廊下がありー

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

左へ入ると荷物置きとクローゼット。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

その奥にはバスルームがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

トイレ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

シャワールーム。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

バスアメニティはJWおなじみのアロマセラピーアソシエイツ。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして反対側にはバスタブがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

入口から直進するとリビングがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

テレビの下にはミニバーがありますが、それ以外にも引き出しの大容量さが凄すぎます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ソファー周り。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして奥にベッドルームが見えます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク周り。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルーム。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッドの向かいにはテレビ台らしき台がありますが、テレビは置かれず。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

「この広さにテレビ2台いる?」…という会話があったか知りませんが、レターセットとランドリー置きになっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッドからテレビは見えていますからね(笑)

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッドサイドには充電に便利なコンセント付き。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして部屋の隅にはソファーがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

部屋の紹介は以上で、それでは41階にあるエグゼクティブラウンジについてです。

とは言いつつも、今回はチェックインが夜遅かったため夜の食事・アルコールの時間には間に合わず、見学のみ。

詳細はこちらです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

翌朝の朝食はラウンジでも頂けますが、1泊なので視察も兼ねて38階のレストランで頂きます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

毎回、よそるものが同じなので代り映えしませんが(笑)

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

以上、ホテルの紹介でした。

 

【総評】

JWらしくラグジュアリー感もあり、短い滞在なりにもゆっくり休むことができました。鄭州でも目立つ高層ホテルなので部屋からの眺めも素晴らしく、ビジネスにもプライベートにも一度利用する価値はあるでしょう。

ただ、朝食会場に関しては他のJWよりもやや大衆食堂化している雰囲気で、マリオットボンヴォイのプラチナ会員以上であればラウンジを利用した方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です