シェラトン サムイ リゾート【宿泊記】

2019年5月

タイのサムイ島にあるサムイ空港から車で30分程のところに位置するシェラトンサムイリゾート(Sheraton Samui Resort)に宿泊しましたので紹介します。

 

【公式HP】

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/usmss-sheraton-samui-resort/

 

【部屋タイプ】

スタンダード Standard 34㎡

スーペリア Superior 43㎡

デラックス Deluxe 49㎡

スタジオ Studio 55㎡

1ベッドルームスイート One Bedroom Suite 77㎡

2ベッドルームスイート Two Bedroom Suite 102㎡

 

まずはロビーでチェックインです。ロビーはオープンエアですので昼間はかなりの暑さになりそうですが、夜はそよ風が吹いて心地良い具合です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

チェックインをしているとウエルカムドリンクと冷たいおしぼりを持って来てくれました。これは助かります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてホテル内の説明もしてくれます。今回頂いたのは637号室。ロビーがある管理棟並びのF棟にあたります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

うーん、ビーチに近いA、B棟ではないのか…とは思いましたがこれに関しては総評で。

 

避難経路図です。それぞれが小さな棟に分かれているので、今回頂いたこの棟に関しては各階4部屋となっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

まず入るとセイフティーボックスやランドリーバッグなどが入った戸棚があります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ランドリーの料金を見ると、Tシャツが65バーツ(220円)にショーツが75バーツ(260円)とかなりお手頃な価格設定。普段泊まる他のマリオットだとTシャツ一枚でも1,000円だったりしますからリゾートにしてはかなり良心的。

そしてその隣のクローゼット。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてバスルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

黄色のタイルにダークオーク調の建具や黒のカウンタートップがデザインとしてうまく調和しています。

 

バスアメニティは「le grand bain」です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

シンク横のアメニティ類を見ると歯ブラシなどは用意が無いようです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

レセプションに電話してもいいですが、同僚と夕食にすぐ出る予定だったので公式アプリでリクエストを送っておきます。

 

食事から帰ってきたらきちんと届いていました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

廊下がデルフト調のタイルになっているのも素敵です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

荷物置きそして引き出しの収納力も充分です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク周り。日本型プラグ対応の電源もあり便利です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてソファー、テーブル。ベッドサイドには電源に加えてUSB給電もあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

テーブルの上にはマリオットボンヴォイアンバサダー会員へのウェルカムギフトが。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッドの上には手紙が二つ。ひとつはホテル主催のVIPカクテルパーティーへのお誘い。そしてもうひとつは「ドリアンは持ち込まないで下さい。持ち込んだ場合は消臭清掃費として7,500バーツを請求させていただきます」という注意文。こちらは中国語も併記されているため、中国人宿泊客に多いのでしょうか。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして一夜明けて、翌朝です。アンバサダーエリートですので朝食は1階のレストランCoco Spiceで無料で頂けます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

品数も多くかつ彩り豊かでビーチリゾート感満載です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてホテル敷地内を見て周ります。

ホテルレセプションは空調のない設計になっていますが、そのすぐ奥にある「ロビーバー」はガラス張りになって、涼しいなかで海を眺めながらゆっくりできるようになっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

こちらはホテル中ほどにあるプールです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ホテル敷地内には斜面を利用して滝が流れていて、鯉がたくさん泳いでいます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして一番下まで下りると、インフィニティプールとビーチがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

一角にはキッズクラブがあり、子供連れでも十分に楽しめる配慮がなされています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

ビーチはプライベートビーチではありませんが、近隣が静かなのでセミプライベートな感じです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

ビーチで1日のんびりするのもおススメですが、ホテルから中心部のモールへのシャトルバスも出ていますのでホテルだけで飽きることもありません。

 

【料金】

数日前予約の2泊で12,450バーツ(1泊およそ21,600円)でした。

 

【総評】

料金に対する感動体験としてはコスパ最高です。海は綺麗ですし、ホテルも良くメンテされています。そしていままでバリ島やタヒチ、ボラボラにフィジーなど、島リゾートは幾つか見てきましたが、概して島というのはホテルを出ると鄙びた感じの所が多く、地元の人たちの貧しさを見ることになったりします。しかしここサムイに限っては全体的に栄えていて、あまり落差を感じさせないリゾートなのもおススメのポイントです。

敢えてマイナスポイントを挙げるとすると、ホテルが斜面に造成されているため、ロビーから客室棟そしてビーチまでが急坂と階段で上り下りする造りになっています。そしてこの階段一段一段が高く、ビーチから部屋に戻るまで結構な運動になります。抱っこしないといけない子連れだと結構キツイかなとは思いました。ビーチに行くのであれば必要になりそうなものはあらかじめ全て持っていくことをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です