北京首都国際空港キャセイ(CX)ラウンジ紹介

2018年12月

北京首都国際空港にてキャセイパシフィック航空(CX)のラウンジを利用しましたので紹介します。

 

CXは北京首都国際空港では第3ターミナルを利用しており、チェックインはアイランドCを利用。

チェックインを済ませるとゲートはEを利用しているため自動交通システムを利用してEコンコースまで移動する必要があります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

場内にあるタイムプランナーによるとチェックインを済ませてからEゲートまでは30分から47分掛かるとのこと。巨大空港は時間も歩行距離もあって大変です。

 

案内図を見かける度にラウンジの場所を探しますが、なかなか掲示しているのを見つけられません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

この案内図でやっと見つけましたが、よく目を凝らさないとすぐには分かりません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

正解はE21ゲートの向かいです。営業時間は毎日00:30~03:00、05:30~最終便まで。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

入口までは階段を上がるかエレベーターを使う必要があります。

 

入口から右折するとシーティングスペースがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ラウンジ中央部にも。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そして入口から左折方向にはダイニングエリアがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

食事やアルコールはベーシックな取り揃えです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

中華はローカルな味付けで、日本人の口より中国人の口向けなテイストです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

以上、ラウンジの紹介でした。

 

【総評】

キャセイが世界的に展開する新ブランドのラウンジではなく、1世代前の古いタイプですのでそこまでの感動体験はありません。特にヌードルバーやシャワーがないのが残念ですが、スケジュールに則ってそのうち改装されるのではないかと期待しています。

 

【キャセイの他のラウンジと比較する】

香港国際空港のラウンジレビューはこちら

シンガポールチャンギ国際空港のラウンジレビューはこちら

台北桃園国際空港のラウンジレビューはこちら

バンコクスワンナプーム国際空港のラウンジレビューはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です