JWマリオット上海長風公園【スイート宿泊記】

2019年2月

上海虹橋国際空港から車で30分程のところに立地するJWマリオットホテル上海長風公園(チャンフェンパーク)(JW Marriott Hotel Shanghai Changfeng Park)に宿泊しましたので紹介します。

 

さて、前回はスタンダードな広さのデラックスルームの宿泊でしたが、今回はマリオットボンヴォイ・アンバサダーエリート特典としてスイートへアップグレード頂きました。

 

まずは避難経路図です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

前回は階数は違いますが左隣の部屋でした。今回は部屋から長風公園が望める方角になっています。

エントランスには中国らしいオブジェがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

そしてゲスト用レストルームがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてまずはリビングスペースです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

前回同様、テーブルの上にはウェルカムギフトとカードが置いてあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

マリオットリワーズがマリオットボンヴォイへ変更になってから至るところに新しい名前がプリントされています。

 

冷蔵庫・ミニバー周りです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

デスク横には無料のミネラルウォーターとコーヒーマシンが置いてあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして前回同様、デスクの上には名前入りの封筒と手紙があり、エグゼクティブラウンジの案内が書かれています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッドルームへ続く廊下にはクローゼットがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてバスルームです。外はあいにくの曇天ですが、スタッフによるとこの2月はほぼ毎日雨や曇りだそうです。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

トイレはウォッシュレット無しですがおもしろい形です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そして奥にあるベッドルームです。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

2面を窓で囲まれているので明るく開放感があります。

 

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

こちらのテレビ台下の冷蔵庫スペースは空っぽで、デッドスペースとなっています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ベッドの上にはスパで使える200元割引券と窓清掃の案内が置かれています。英中に加えて日本語でも表記されています。日本人の宿泊客がついで多いのでしょうか。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

スリッパはトゥモロースクエアと同じJWスタンダードのものです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

さて、前回紹介しましたが、再度エグゼクティブラウンジについてです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

エグゼクティブラウンジ入室基準はエグゼクティブフロアー宿泊客とマリオットボンヴォイ・プラチナ会員以上。

朝食が6時から10時半まで、アフタヌーンティーが14時半から17時まで、オードブルアワーが17時半から19時半まで、カクテルアワーが17時半から21時半まで、そしてデザートが19時半から24時までです。

今回は朝食で利用しました。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)
iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ラウンジは通路を挟んで2区画に分かれていて(前回記事参照)、ダイニングエリアの写真からは狭く見えますが、ラウンジ自体は結構な広さがあります。

 

【料金】

数日前予約の1泊で1260元(およそ20,770円)でした。

 

【総評】

前回同様、静かな環境の中でゆっくり休息することができました。上海の中心部に出る必要のない時は、こちらでお世話になるのがベストです。ハードソフトともにJWの期待を裏切らないもので、マリオットボンヴォイプラチナ会員以上であればコスパ的にも素晴らしい1軒だと思います。

 

【上海の他のホテルと比較する】

JWマリオットトゥモロースクエア宿泊記はこちら

ルネッサンス上海宿泊記はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です