バンクーバー マリオット ダウンタウン【宿泊記】

2018年11月

バンクーバー国際空港から車で30分程のところに位置するバンクーバーマリオットピナクルダウンタウン(Vancouver Marriott Pinnacle Downtown Hotel)に宿泊しましたので紹介します。

 

【ホテルHP】

https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/yvrdt-vancouver-marriott-pinnacle-downtown-hotel/

 

【部屋タイプ】

ゲストルーム シティービュー Guest Room City View 27-32㎡

ゲストルーム ハーバービュー Guest Room Habour View 27-32㎡

ジュニアスイート Junior Suite 41-45㎡

ブラボースイート Bravo Suite 76㎡

プレジデンシャルスイート Presidential Suite 120㎡

 

今回頂いたのはエグゼクティブラウンジと同じ25階のシティービュールーム。マリオットプラチナなのでラウンジアクセスは元々ついてきますが、エレベーターでの昇り降りが無いので楽です。

 

避難経路図です。ラウンジは自分の部屋から対角線上のコーナーの2部屋に当たりますが経路図には反映されていません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

まず入るとクローゼットがあります。ここらへんは北米相応といった感じです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

雨の多いバンクーバーらしく、傘には「雨の日にはご自由にお使い下さい」と札が掛かっています。

 

そしてバスルームです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

バスアメニティは北米マリオットおなじみのTHANNです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

シャワーとバスタブは独立しています。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

ところがバスタブ側にはシャワーカーテンもシャワーヘッドもなく、湯船にお湯を入れる蛇口しかない変わったタイプです。深さもないのでどう使うのでしょうか。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

そしてベッドルーム。

iPhoneパノラマで撮影(クリックで拡大表示)

 

冷蔵庫の中は空っぽです。基本的にミニバーにお世話になることはないので問題ありません。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デスク周りです。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

デスク横にはキューリグのコーヒーメーカーがあります。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

今回は残念ながらシティービューなので窓の外は高層ビル群です。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

翌朝の部屋からの眺めです。シティービューとはいえ、晴れると清々しい眺めですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

最後にエグゼクティブラウンジ(北米ではコンシアージラウンジと呼ばれます)について。朝食は毎日6時半から10時まで、オードブルアワーは日曜から木曜の17時半から19時半まで、マリオットプラチナ会員以上の方は無料で利用できます。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

オードブルアワーは利用しませんでしたが朝食はこんな感じです。北米相応ですね。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

 

【料金】

数日前予約の2泊でCA$585.14(1泊およそ25,000円)でした。

 

【総評】

部屋やサービスはいたって北米スタンダードな感じでステイ自体にゴージャス感はありません。ただここの素晴らしいのはその立地ですね。数ブロック歩くとバンクーバーのショッピング中心地のロブソン通りがあり、ホテル正面にはオーシャンフロントがあり、貸しバイク屋さんから自転車をレンタルしてスタンレーパークを一周したりと、観光や遊びには最高のロケーションです。

そのホテル前のハーバーにはバンクーバーハーバーフライトセンターがあり、水上機の発着場になっています(写真は7月に撮影)。

iPhoneで撮影(クリックで拡大表示)

 

天気の良い日は、ここをゆっくり散歩しながら水上機の発着やクルーズ船の出航を眺めるだけで最高の気分転換になります。

 

【バンクーバーの他のホテルと比較する】

ザ・ダグラス・オートグラフコレクションのレビューはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です